カロリミットの飲み過ぎについて

カロリミットを飲み過ぎるとどうなるの?

カロリミットの飲み過ぎについて

カロリミットの飲み過ぎは副作用の元

ファンケル独自技術を元に開発されたカロリミットは、脂肪や糖の吸収を抑えて、食べた分のカロリーをカットする、ダイエットサポートに優れたサプリメントで、血糖値と血中中性脂肪の上昇を防ぎ、健康的な身体作りの助けにもなる効果を発揮します。

ロングセラーとなる超人気商品ですから、口コミの評判も大半が効果を実感したという内容のものになってますが、中には多く飲むと効果が高まるという思い込みで、10粒以上飲んでいるというコメントが散見されます。

しかし、カロリミットは食事の前に1回4錠、1日最高12錠までが適量とされており、多く飲んでも効果がより高くなるということありません。

このような飲み過ぎは副作用を強くさせるだけなので、止めておいた方が良いでしょう。

飲み過ぎにより考えられる副作用は、まず下痢があります。

カロリミットは脂肪や糖を吸収させずに不必要な分は出来るだけ体外へ排出させようとする働きがありますから、便が固まる前に大量に下痢として出てしまうわけです。

元々便秘気味であった人ならそこまでひどい副作用にはならないと思いますが、そうでなければ体調を崩す原因になってしまいます。

また元々カロリミットは便秘の改善・予防に効果があるとされていますが、飲み過ぎによって便秘がより酷くなることも考えられます。

過剰に摂取したカロリミットに含まれる成分の働きによって脂肪や糖が分解され大量の便になることで、腸内に蓄積してしまうということです。

カロリミットは規則正しく服用する

一度に多くのカロリミットを服用しようと思っていなくても、例えば昼食の時間が遅くなり、夕食との間にあまり時間が空かないようなときは、昼食前に飲んだ時間と夕食前に飲んだ時間が接近しすぎることで、前述したような副作用が出ることが考えられます。

出来るだけ規則正しい生活習慣の中で、適切にカロリミットを飲むように心掛けていきましょう。

規則正しい生活そのものもダイエットの効果を上げるためには大切なことなので、今一度毎日の生活のリズムを見直してみましょう。